スミスオリジナル 非円形サイクルギア バロックギア

非円形ギア最大の特性であるギヤレシオの変化を各選手のペダリング特性や取り組む種目に合わせ、理想のペダリングを可能にするBaroque-Gearは、三次元CADCAMと高速マシニングセンタにて生産することにより、豊富なバリエーションの生産が可能です。

「Baroque-Gear」34T+2-1 90° 5アーム について

「バロックギヤ:34T+2-1」は、踏み込み位相において仮想最大歯数36T 、上下死点において仮想最小歯数33T と僅かな歯数変化を発生させる形状をしています。この少な目のギヤ比の変化は、違和感を少なく抑えてヒルクライムにおいて効果を発揮します
十分なペダル踏力が発揮できる踏み込み位相においては、2Tぶんギヤ倍数の負荷を与えることでプラス加速度を稼ぎ出し 殆ど踏力を発揮できない上下死点においては、-1Tぶん負荷を軽減させることで素早くデッドゾーンを通過させマイナス加速度の発生時間を短縮させることが可能になります。

5アーム型クランクで非円形ギヤが使える

「バロックギヤ:34T+2-1」は、設計上制約の多い5アーム型クランクでも可能な限り効果的な形状を実現しました。本来PCD1105アームクランクには、真円なら最小ギヤ歯数は34Tが限界でした。 そんな寸法上の制約の中、可能な限り上 下死点での半径を小さくして34T+2-1を実現しました。

写真 1
左の写真はギヤ表側 ロゴはレーザー刻印ではなく本物の彫刻で彫ってあります。ホワイトレターを入れたものです。右の写真はギヤ裏側 補強用のリブがギヤ全周に渡り施されて横剛性を確保しています。 材質は超々ジュラルミンであるA7075にT6熱処理を施しています。

34T+2-1の形状について

赤色の円は仮想最大歯数36Tの直径でクランク角度が90°付近で歯の数が3つほどの間、赤色の円に達していることが判ると思います。この最大歯数が3つというのはかなりピーキーな部類に入りますのでクランク軸トルクのピークの山をハッキリと体感することが出来ます。  青色の円は仮想最小33Tの直径でかなり広範囲で軽い-1Tの領域が続いていることが解ります。 クランク角度が上下死点にきた際に青色に達することでデッドソーンを素早くやり過ごすことが出来ます。

-
          上図において   36Tの最大直径(赤)   33Tの最小直径(青)  を示す。






SMITH Baroque-Gear 製品案内

Baroque-Gear 5arm〈PCD 110〉
歯数 形状 角度 価格(税別)  
34T +2-1 90° ¥16,800
- - - - -
- - - - -
- - - - -


Copyright 2004- SMITH co,. ltd. All Rights Reserved.