お年寄りもらくらくトレーニング 介護予防運動用 介護トレーニング椅子

日常生活の中で欠かせない「立つ」「歩く」「曲げる」動作に欠かせない大腿筋。
ところが老化に伴う大腿筋の衰えは筋肉の中でも一番速い箇所です。筋肉量は30才をピークに減りはじめ、40代半ばからさらに加速。衰えが始まってから70才までに「大腿四頭筋」は約半分に、「大腿二頭筋」は約1/3が減ると言われています。
大腿筋の衰えは「立ち上がりにくい」「よく転ぶ」など転倒や歩行困難につながます。 スミスのトレーニング椅子は高齢者の方に無理な負荷なく、簡単に大腿筋のトレーニングが出来るために介護予防目的でご使用いただけます。既に要介護認定を受けてみえる方、片麻痺疾患のある方にもリハビリ目的でご使用頂ける様々な機能を付加しました。

●伸ばす際は「大腿四頭筋」を、縮める際は「大腿二頭筋」を 一台のマシンでトレーニングできます。

●伸ばす際、縮める際の負荷を別々に調節可能。

●油圧負荷式なので運動の途中で力を抜いてしまっても錘式の ような落下の危険がありません。

●油圧シリンダーは可動域改善運動に有効な(油圧抵抗をほぼ  かけない)ゼロ負荷設定が可能です。

手すりは取り外しが可能ですので片方だけ取り外せば、左右どちら側の麻痺疾患の方にも「腰かけ易く」なります。


【写真は左麻痺の場合】

座クッション、脛パッドにはアルコール消毒にも耐えられる特殊人工レザー生地を採用。汚れが付着しにくい「ワイパー機能」を搭載していてお掃除簡単です。

介護予防運動用

トレーニング椅子〈Ver.5〉


希望小売価格 \248,000(税別)

製品のバージョンにより、仕様、価格は予告なく変更される場合があります。


Copyright 2004- SMITH co,. ltd. All Rights Reserved.